ついに口にあうコーヒーを見つけました!

こんにちは、知里です。

自分に合うコーヒーをずっと探してましたけど、ついに見つけました。それが土居コーヒーです。このコーヒーは注文が入ってから豆を焙煎してるらしく、できたばかりのコーヒーを送ってくれるみたいです。

だから出来たてを飲めるんですね。さらに焙煎釜も通常のものよりいいのを使用してるらしく、コストはかかる分、そこまでのこだわりがあるのかと思うと気になってしまってついに買っちゃいました(笑)

会社で飲みたいのでコーヒーメーカー用のものにしました。値段もそこまで高くなかったです。

コーヒーってグァテマラ産のものが有名ですけど、この土居コーヒーもそのグァテマラ産のものみたいです。ただ、よく摂れる地域のものではなく、アンティグア地区っていうほとんど収穫した事のない地域の豆らしく、「奇跡の農園」って言われてるみたいです。

普段生活してるとコーヒーの産地ってブラジルとかコロンビアとかも有名ですよね。それこそコロンビアなんて缶コーヒーでも出てますし。

コロンビアだと普通は粒の大きいスプレモとか小さめのエキセルソに分けられるみたいですけど、コロンビアは比較的大き目で特有の酸味とかコクがありますよね。中煎りはスッキリしてて、やや深煎りになると円熟したコクがあって、さらに深くなると濃厚な中にも透明感がある特徴的な風味がしますけど、本来の香味は少ないですかね。

ブラジルのものは味のバランスがいいらしく、ブレンドのベースとかによく利用されるみたいです。中煎りだと柔らかい味で、深煎りになると力強い苦味があるみたいです。

ちょっと意外だと思ったのは今までのコーヒーは産地で収穫されてから全部を集めてませて出荷されてたんだそうです。銘柄が全部混ざっちゃうのでどれがどれだかわかんなくなっちゃうんだそうです。そうなると折角いいものができても混ざっちゃうんじゃいいやって作る事への思いって薄くなりますよね。

でも、この土居コーヒーは品質を大事にしてるみたいで銘柄のコーヒーの持ち味を最大限生かしてくれるみたいで、混ぜる事はしないんだそうです。これなら作る人もたくさん手間暇かけて作ってくれますよね。

さて、届いたら早速飲んでみたいと思います!